KVM on Debian7


LVMセットアップ

パーティション作成

fdiskでパーティションを作成する。Idを8eにしておく。以下の例では/dev/sda3

# fdisk -l /dev/sda

Disk /dev/sda: 250.1 GB, 250059350016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 30401 cylinders, total 488397168 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00016300

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *        2048    93749247    46873600   83  Linux
/dev/sda2        93749248   124999679    15625216   82  Linux swap / Solaris
/dev/sda3       124999680   488396799   181698560   8e  Linux LVM

物理ボリュームを作成

パーティションに以下のコマンドで物理ボリュームを作成する。

# pvcreate /dev/sda3

ボリュームグループ作成

物理ボリュームを一つ以上組み合わせて、ボリュームグループを作成する。

# vgcreate vg00

論理ボリュームを作成

ボリュームグループから必要なサイズを切り出して、論理ボリュームを作成する。

# lvcreate ほげほげ
/dev/vg00/vdisk0

KVMインストール

apt-get install

ブリッジアダプタ作成

--- /etc/network/interfaces.static2011-11-19 22:05:08.664892671 +0900
+++ /etc/network/interfaces2011-11-19 23:50:53.655320655 +0900
@@ -7,11 +7,16 @@

 # The primary network interface
 auto eth0
-iface eth0 inet static
+iface eth0 inet manual
+
+auto br0
+iface br0 inet static
     address 192.168.0.100
     netmask 255.255.255.0
     network 192.168.0.0
     broadcast 192.168.0.255
     gateway 192.168.0.1
+    bridge_ports eth0
+    bridge_step off
 # This is an autoconfigured IPv6 interface
 iface eth0 inet6 auto

仮想マシンインストール

Solaris 11.1テキストインストールの場合

virt-install \
--connect qemu:///system \
--name hogehoge \    <- ホスト名
--virt-type kvm \
--ram 2048 \
--vcpus 1 \
--nographics \
--network bridge=br0 \
--disk path=/dev/vg00/vdisk0 \
--os-type solaris --os-variant opensolaris \
--cdrom /var/tmp/sol-11_1-text-x86.iso